あいこまち | 野菜
あいこまち | 野菜

製品名(商品名)

あいこまち

種類

サツマイモ

生産地

千葉県富里市

名前の由来

皮は赤紫色を帯び、柔らかい実は黄金色で、美人の由縁である「小町」から、甘く愛される品種になるよう願いを込められ、名付けられたとさる。

主な特徴

富里市は、東には芝山町、西は酒々井町、南は八街市、山武市、北は成田市に接している。地勢は南北に分かれ、標高は約40mから50mの台地で、市の中央部から根木名川、高崎川などの源をなし、千葉県の北総台地のほぼ中央に位置される。今日に至り、肥沃(Fertile:土地が肥え、作物が良く育つ)な農地や自然環境に恵まれる。富里市の近代では明治期に入り、葛飾県、佐倉県、印旛県と3度にわたり所轄の変遷があり、1873年(明治6年)に木更津域とで新しく設けられた千葉県域に含められることになる。1875年(明治8年)の七栄地区の衝撃的な火災が追い討ちをかけ、開拓民の数は激減する。この後も開拓は進められ、両国地区に「勧業寮」本庁が設置され、米国から牧羊家を招き、綿羊の飼育と洋式大農法を指導させ、下総牧羊場、香取種蓄場が開設されている。1889年(明治22年)には市制・町村制が施行され、日吉倉、久能、大和、根木名、七栄、新橋、中沢、新中沢、立沢、立沢新田、高野、高松、十倉が合併して「村」を形成され、「十三の里」の地名から、「富里村」が誕生された。「北総台地」の本格的な開墾が行われたのは、職を失った武士の為の士族授産と、食料増産の為の緊急開拓が始まってからである。台地上には水が皆無、風を遮るような木々も皆無、手付かずだった広がる台地の土は固く、農作業に慣れない士族たちが開墾するには、あまりに過酷な条件がそろっていた。開墾当初は開拓者の離散や逃亡が後を絶たなかった。1897年(明治30年)には、現在の八街市に総武鉄道が開通された事で、北総台地には各地から新たな開拓者が集まり始めまる。この中には、豊富(熟練)な経験を持つ農民たちが数多く含まれていた為、北総台地の開墾は急速に進み、広大な畑地に様々な作物が植えられるようになっていく。何れの作物も、開墾したばかりの肥料もない畑では、思う程収量が上がらなかった。厳しい土地条件に合わせた栽培の工夫が重ねられ、着実に時間を掛けられ成果が現われる。「北総台地」を覆っている関東ロームは粒子の細かい礫を含まない柔らかな火山灰土壌である。これを生かしてサツマイモ、ゴボウ、ダイコン、ニンジン、サトイモなどの土物の栽培が盛んである。スイカ、トマトなどの果菜類やキャベツ、ホウレンソウなど葉菜類等の多品種に渡る。富里市で大切に育まれた「あいこまち」(旧系統名:関東128号)は、でん粉の糊化温度が低く蒸しいもの糖度が高い「クイックスイート」(かんしょ農林57号:ベニアズマ?九州30号)を母に、多収で条溝がなく立枯病、サツマイモネコブセンチュウに強い「関系107」を父にとする交配組合せから選抜した品種である。国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 (茨城県つくば市)において、農林水産省種苗法に基づき、2012年(平成24年)に登録出願され、2014年(平成26年)に品種登録されている。「あいこまち」は、調理後の黒変が少なく、β-アミラーゼ活性が高く、高糖度である。外観が良く、芋の平均一個重は「ベニアズマ」よりやや軽い傾向である。いも羊羹、大学いも等のいも菓子類への加工にも適する汎用性を持ち優れる。「サツマイモ:甘藷」の切り口から出てくる白い液体の栄養素「ヤラピン」は、腸のぜん動運動を促進し、便を柔らかくする効果(緩下作用)が期待出来る。サツマイモ特有の食物繊維とヤラピンの相乗効果が大きいと言われる。

栄養素・機能性成分

ビタミンB群
葉酸
パントテン酸
ビタミンC
ビタミンE
食物繊維
アミノ酸
カリウム
カルシウム
マグネシウム
ナトリウム
リン

モリブデン
ヤラピン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
抗菌作用
抗腫瘍性
風邪予防
老化防止
不眠
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
貧血
血液改善
血行促進
血栓予防
血糖値
疲労回復
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
便秘改善
整腸作用
ストレス解消
精神安定
中性脂肪
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
視力維持
高血圧
食欲不振
胃潰瘍
胃腸障害
動脈硬化予防
心筋梗塞
脳梗塞
二日酔い
アルコール濃度低下
生活習慣病
血中コレステロール緩和
コレステロール
肥満

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る