いるまめ | 野菜
いるまめ | 野菜

製品名(商品名)

いるまめ

種類

えだまめ(枝豆)

生産地

埼玉県川越市 所沢市、狭山市、富士見市、ふじみ野市、三芳町

名前の由来

奈良・平安時代には、食されていたと考えられている。枝に付いたままの状態で売られ、枝付きや枝成りと呼ばれるのが「枝豆」で、枝からもぎ取ると「もぎ豆」と呼ばれている。

主な特徴

鮮度保持フィルムを使用し、食味にこだわった品種設定を生産者と協議され出荷されている。大豆に豊富に含まれるタンパク質は、アルコールの分解を助ける働きがある。日頃私たちの、おつまみでもあって四季折々、定番お伴に欠かせない食材として重宝されている。

栄養素・機能性成分

βカロテン
ビタミンB群
葉酸
ビタミンC
ビタミンK
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン
鉄分
亜鉛
マンガン
食物繊維

効果効能

アルコール濃度低下
女性ホルモン
コレステロール
疲労回復
便秘改善
整腸作用
肥満
美肌・美容
老化防止
風邪予防
骨粗しょう症
動脈硬化予防
貧血
妊婦
高血圧
血液改善
止血作用
皮膚粘膜強化
むくみ解消
利尿効果
アンチエイジング
ストレス解消
心筋梗塞

参考文献

https://www.ja-irumano.or.jp/

JAいるま野 参照

https://www.ja-irumano.or.jp/market.html

直売所 参照

https://www.ja-saitama.jp/products/top10.php

JAグループさいたま 埼玉県の農産物全国トップ10 参照

http://www.st.zennoh.or.jp/index2.html

JA全農さいたま 参照

http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1606/spe1_02.html

農林水産省 日本の大豆と枝豆 参照

https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/narc/2008/narc08-39.html

農研機構 マルチを利用した播種期前進化 参照

https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/nics/2001/nics01-11.html

えだまめの甘味成分の品種による相違 参照

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る