うめ | 梅 | 果物

製品名(商品名)

うめ(梅)

学名・英名・仏名・和名・分類・原産地

学名 Prunus mume
英名 Japanese apricot
仏名 prune
和名 うめ
分類 バラ科サクラ属
原産地 (台湾、大分県、宮城県)中国

主な種類と特徴

南高梅は和歌山県の代表的な品種で、最もポピュラーです。明治35年に和歌山県上南部村で高田氏が発見し「高田梅」として名付けられ、その後昭和40年に「南部の高田梅」を略して「南高」と名称登録されたそうです。粒が大きく皮が薄く果肉が肉厚で柔らかいので、梅酒や梅干し、甘露煮など、何にでも使える万能梅です。美しい紅をさしています。古城は、和歌山県で多く作られています。南高梅より気持ち小さめの梅で、和歌山県の那須氏が発見し命名されました。主に梅酒に向いている品種です。青梅の一級品として青いダイヤとも呼ばれ、美しく綺麗な青梅です。白加賀梅は主に関東を中心に出回る品種で古城(こじろ)と同じくらいの大きさです。果肉は繊維が少なく緻密で肉厚です。やや黄緑に近い色合いをしています。杏梅、八助は、果肉が紅い物で、杏と梅が交配して出来た品種ですが、厳密には梅と言うより杏に近い感じです。梅干しにされたりもしています。竜峡小梅、甲州小梅などの小梅は、小粒の梅で、カリカリ梅干しなどにされる品種です。綺麗な赤い梅シロップに仕上がるパープルクィーンという品種もあります。

仲間

スモモ
アンズ

歴史

日本へは奈良時代に中国から伝播されたと言われています。当初は観賞用でしたが鎌倉時代には梅干しとして食用されていたそうです。広く注目されるようになったのは江戸時代で、本格的に普及し栽培され始めたのは大正時代に入ってからだそうです。昭和30年頃からは品種改良が進み、また昭和37年には酒造法の改正により梅酒の自家製造が可能になったことで、梅の需要がグッと伸びました。

栄養素・機能性成分

主成分のクエン酸は、摂取した食べ物から効率的にエネルギーを作りだすために必須成分です。また、疲労感に関与する乳酸の代謝分解を促し、筋肉内に溜まるのを防ぐため、疲労回復効果が期待できます。

βカロテン
ビタミンB群
葉酸
ビタミンC
ビタミンE
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン
クエン酸
リンゴ酸

選び方

丸みがあって香りが高く、傷みや斑点のないものを選びましょう。梅干しにするならある程度熟した黄色いものが良いです。硬めの梅干しが良いなら青みが残るものを使いましょう。

保存方法

収穫後も追熟が進みます。購入後はなるべく早く加工するように心掛けましょう。また、冷蔵庫に入れると低温障害を起こし、茶色く変色したりするので、加工するまでは新聞紙などに包み涼しいところに置いておきます。直ぐに加工出来ない場合は冷凍してください。先に水に浸けて灰汁抜きをし、蔕の部分を取り除いてから密封袋に入れ冷凍します。使う時は自然解凍か、水を張りガラスボールに浸け、そのままレンジで解凍すると良いでしょう。

調理の豆知識

梅は下準備が必要です。まずはしばらく水に浸けて灰汁抜きしましょう。その後、水気を拭き取り、竹串で蔕をくり抜いてから使いましょう。梅干しや梅酒の他、甘露煮、ジャムやシロップ、蜂蜜漬け、梅を砂糖と味噌に浸けこんで梅味噌にしたり、梅の酢漬けも美味しいです。

効果効能

食中毒予防
抗酸化作用
美容効果
アンチエイジング
デトックス効果
風邪予防
女性ホルモン
むくみ解消
利尿作用
骨粗しょう症

参考文献

https://fooddb.mext.go.jp/

食品成分データベース 参照

JAグループ 参照

https://www.kudamononavi.com/

果物ナビ 参照

梅千館 参照

https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/

旬の食材百科 参照

Wikipedia 参照

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る