さくら白桃 | 果物
さくら白桃 | 果物
さくら白桃 | 果物

製品名(商品名)

さくら白桃(加納岩中央共撰場)

種類

モモ(桃)

生産地

山梨県山梨市

特徴

「白桃」などの今日に至る日本桃の普及において欠かせない経過は、およそ140~150年前に活路を見いだされた先人の歴史がある。1875年(明治8年)に中国から、「上海水蜜」「天津水蜜」が導入され、岡山県では明治期に入り本格的に栽培された。磐梨(いわなし)郡可真村生まれ(現在の岡山市東区瀬戸町塩納)の大久保重五郎氏(オオクボジュウゴロウ)1867年(慶応3年)1941年(昭和16年)が青年時代に師と仰がれた、「果樹栽培の祖」と賞され続く、磐梨郡稗田村(現在の赤磐市稗田)小山益太氏(コヤママスタ)(1895年(明治28年)「金桃」を発見される。)1861年(文久元年)1924年(大正13年)の指導の縁も兼ね、1889年(明治32年)に、上海桃系の実生から、白水桃「白桃」を発見された。JAフルーツやまなし「加納岩(かのいわ)」(中央共選所)(加納岩統一共選所、後屋敷共選所、日川統合共選所)が集約し統合されて山梨県最大級の桃共選所)では、ブランドを守る選定基準は厳しい。糖度基準は赤秀9度、青秀11度、信玄13度、ぴ~甘14度、 ICHIKOROイチコロは15度、セブンティーンが17度。山梨県の桜井氏が「川中島白桃」と「千曲」を交配し育成されたとある。「さくら、さくら白桃」は晩生種の中でも最も遅く成熟する品種で、収穫は早い所でも8月末頃から始まり、9月下旬頃までとなる。その後の詳しい育成経過等の来歴は不明ながらも、糖度が高く、大玉で形も良く、食味良好で優れた桃である。おもな血糖である「グルコース:Glucose(ブドウ糖)」(2分子,a.a-1,1結合した非還元性の二糖)や「トレハロース:Trehalose」(タンパク質や細胞を凍結や乾燥によるストレスから保護する作用を有している事が、多くの研究者により実証)は体内に大量に蓄えられている為、摂食の後に相対的な変化は極めて小さい。血中の「フルクトース:Fructose」濃度は栄養価のある糖の摂取を反映し、極めて大きく変動することが明らかになっている。

栄養素・機能性成分

βカロテン
ビタミンB群
ナイアシン
ビタミンC
ビタミンE
食物繊維
フルクトース
カテキン(皮)
ペクチン
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
抗菌作用
抗腫瘍性
肩こり
腰痛
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
妊婦
貧血
疲労回復
視力維持
眼精疲労
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
高血圧
肥満
生活習慣病
血中コレステロール緩和
コレステロール
心筋梗塞
脳梗塞
血栓予防
食欲不振
精神安定
胃潰瘍
胃腸障害
口臭

参考文献

http://ja-fruits.or.jp/

JAフルーツ山梨 参照

山梨市 参照

根津美術館 根津嘉一郎(1860年(万延元年)(山梨市正徳寺)1940年(昭和15年))参照

https://fuefukigawafp.co.jp/

山梨県笛吹川フルーツ公園(山梨市江曽原)参照

http://www.yn.zennoh.or.jp/

JA全農やまなし 参照

山梨県 新・やまなし農業大網 参照

エコファーマーマークの取扱について 参照

全国環境保全型農業推進会議 「エコファーマー」について 参照

岡山市 大久保重五郎爺顕彰碑 参照

岡山大学資源植物科学研究所 小山益太 参照

http://www.city.akaiwa.lg.jp/

赤磐市 参照

http://www.pref.okayama.jp/soshiki/235/

岡山県 農業研究所 参照

山梨県 フルーツ王国やまなし 参照

長野市 川中島平の桃 参照

農研機構(2003年~2007年)晩生モモ「川中島白桃」における果肉異常軽減のための収穫時期の判定法 参照

中晩生モモの果肉褐変症発生軽減技術 参照

果樹茶業研究部門 モモ・ネクタリン品種別栽培面積品種別栽培面積 平成28年度 参照

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 ライフサイエンス統合データベースセンター 3.血中のフルクトースは摂取した食物の栄養価を反映する 参照

http://www.hinshu2.maff.go.jp/

農林水産省品種登録ホームページ 参照

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る