なめこ | 滑子 | 野菜

製品名(商品名)

なめこ(滑子)

学名・英名・仏名・和名・分類・原産地

学名 Pholiota microspora
英名 Butterscotch mushroom
仏名 Nameko
和名 ナメコ
分類 モエギダケ科スギタケ属
原産地 日本

主な種類と特徴

全体がヌルヌルとした粘質に覆われているのが特徴です。この独特のヌメリの主成分には、たんぱく質の吸収を助け、目や胃腸などの粘膜表面を保護する働きが有ります。他にもビタミンB群やカリウム、マグネシウムなどのミネラル、食物繊維などを多く含んでいます。天然物は全国のブナやナラなどの広葉樹林があるところで採れ、キノコ狩りでもお馴染みの物となっています。一方栽培技術も進み、スーパーなどに並んでいる物のほとんどは菌床栽培されたものです。比較的簡単に栽培でき、家庭用の栽培キットなども販売されています。

仲間

チャナメツムタケ

歴史

元来ブナなどの倒木や切り株に発生したものが食べられていました。原木による人工栽培が行われるようになったのは大正時代といわれ、第二次大戦後は菌床栽培技術も確立。現在、店頭に並んでいるなめこのほとんどは、おがくずなどを使った菌床栽培による物です。

栄養素・機能性成分

胃粘膜保護作用で知られる水溶性食物繊維のムチンが豊富です。主要な糖質であるトレハロースは、動物実験では骨粗しょう症の予防効果が報告されています。カリウム、葉酸なども含んでいます。

ビタミンB群
カリウム
βグルカン
コンドロイチン
トレハロース
ムチン

選び方

傘が開いていない、肉厚なものを選びましょう。水煮の場合は、水分が濁っていない物、パック入りのものは袋が膨張していない物が新鮮です。

保存方法

長期間保存したい場合は若干食味は落ちますが冷凍する事も出来ます。その場合は生のままではなく、石づきからハサミなどでばらばらに切り離し、よく水洗いして直ぐに使えるような状態で密封袋に入れ、出来るだけ空気を抜いて冷凍します。さっと茹でてから冷凍する事も出来ますが、その場合は茹でると言うよりも、ほんの少しの茹で蒸すようなイメージで火を通す方が旨みが逃げなくて良いでしょう。

調理の豆知識

売っている物はほとんど人工栽培で、ゴミなどは、ほとんど付いていないと思いますが、天然の物には土や落ち葉のくずなどのゴミが付いている事が多々あります。使う前にしっかりと洗う必要があります。洗い方は、濡らすとぬめりが強くなって作業し辛くなるので、先に石づきの部分を切り落として、水に付けゴミを洗い落とします。ナメコは基本的に生食しない方が良いです。加熱してから料理に使います。和え物やお浸し、うどん、蕎麦など麺類のトッピングに「ジャンボナメコ」や「でっかいなめこ」という商品も販売されていますが、そう言ったものや天然の大きい物は焼いても美味しいです。ナメコと言えばお味噌汁。鍋にも相性が抜群です。

効果効能

風邪予防
インフルエンザ予防
整腸作用
美容効果
アンチエイジング
生活習慣病
コレステロール値抑制
眼精疲労
血糖値
二日酔い
むくみ解消
利尿作用

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る