サンショウ | 野菜

製品名(商品名)

サンショウ

学名・英名・仏名・和名・分類・原産地

学名 Zanthoxylum piperitum
英名 Japanese pepper
仏名 Poivre de Sichuan
和名 サンショウ
分類 ミカン科サンショウ属
原産地 日本

主な種類と特徴

落葉樹林に自生する落葉低木であり、乾燥や夏季の日差しに弱く、半日陰の湿潤な地勢を好みます。樹高は3m程、大きなものは5mになります。枝には鋭い棘が2本ずつ付きます。突然変異で棘のない株(実生苗)が稀に発生する事が有ります。棘のない実山椒(雌木)として但馬国の朝倉谷(兵庫県養父市八鹿町朝倉地区)原産の「朝倉山椒」が有名ですが、日本各地に棘のない山椒の栽培が見られる。実がなるのは雌株のみである。葉は互生、奇数羽江状複葉。長さ10 - 15cm程です。5 - 9対の小葉は1 - 2cmの楕円形で縁は鋸歯状です。裏は表に比べ白っぽい。葉には油点と呼ぶ物があり、潰すと芳香を放ちます。油点は細胞の間に油が溜まったもの。太陽に透かして見ると透明に見えるので明点とも言います。花は、4月 - 5月頃開花し、直径5mm程で黄緑色です。雄花は「花山椒」として食用にされ、雌花は若い果実、または完熟したものを利用します。果実の直径は5mm程度です。初め緑色ですが9月 - 10月ごろに赤く熟し、裂開して中の黒い種子が出てきます。雌花には二本の角のような雌しべが突き出します。系統品種では、アサクラザンショウ、ヤマアサクラザンショウ、リュウジンザンショウ、ブドウザンショウ、タカハラザンショウがあります。

仲間

イヌザンショウ
カラスザンショウ
フユザンショウ
カホクザンショウ

歴史

古くからあるわらべ歌にもでてくるように、日本人の食生活となじみ深いものです。日本料理の二大香辛料とされています。もう一つは、柚子(ゆず)。歴史は古く、なんと、縄文時代にサンショウが入った土器が発見されている沖縄をのぞく日本全国に自生しています。古名をハジカミと言います。ハジカミラの略です。ハジは、はぜる実を意味し、カミラは、ニラの古名です。味が似ていることから、名付けられたといわれている「サンシュ」「ヤマサンショウ」とも言われています。若葉を「木の芽」と呼び、料理に多用されています。

栄養素・機能性成

サンショウオールという成分が辛みのもとです。食欲増進や、胃腸の働きを活発にする効果があります。

カリウム
カルシウム
鉄分
クロム
サンショアミド
サンショウオール
ゲラニオール
ジペンテン
シトラール

選び方

木の芽は、きれいな緑色で、黒ずんでいないものを選びましょう。実は、緑色が濃くてきれいで、黒ずんでいないものが良いです。

保存方法

木の芽は、湿らせたキッチンペーパーに包み、保存袋に入れて冷蔵庫へ入れましょう。実は冷凍保存も出来ます。よく水で洗って、湯に通してから冷凍しましょう。

調理の豆知識

香辛料・漢方の専門家の間でも評価の高い山椒ですが、濃厚でありながらも柑橘系のような爽やかな香りと豊かな風味が特徴で、うなぎとの相性は間違いないですが、鍋や焼き鳥、さらにはカレーやパスタといった洋風料理に合わせてもおいしくいただけます。ぬか床に入れると風味と香りが良くなる為、古来から親しまれています。

効果効能

女性ホルモン
貧血
新陳代謝
血液改善
動脈硬化予防
コレステロール
骨粗しょう症
むくみ解消
利尿作用

参考文献

https://life.ja-group.jp/food/shun/detail?id=66

JAグループ 参照

http://jurin300.boo.jp/sabetuka/sanshozoku.html

広島県の樹木 参照

http://www.yasashi.info/sa_00016.htm

ヤサシイエンゲイ 参照

https://otium.blog.fc2.com/blog-entry-782.html

エスカルゴの国から 参照

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る