シマ | 縞系サンふじ | 果物
シマ | 縞系サンふじ | 果物

製品名(商品名)

シマ(縞)系サンふじ

種類

リンゴ(林檎)

生産地

岩手県紫波郡紫波町、矢巾町、盛岡市

名前の由来

育成地である青森県藤崎町と名峰の富士山に因んで名付けられたとされる。

主な特徴

JAいわて中央管内は、岩手県のほぼ中央にあり、東西には山脈が連なり、中央には北上川が流れている地域。近年では、アジアを中心に「リンゴ」をはじめとした農産物の販売にも取り組まれている。日本へは平安時代以降に中国から、酸味の強い「ワ(和)リンゴ」と呼ばれる小さなリンゴが伝わったが、現在(栽培リンゴ)とは種類が違う。明治時代に入り、アメリカから「西洋リンゴ」の苗木を輸入し、現在一般的に出回っている大きなリンゴが栽培されてきた。「ふじ」が生まれた歴史を辿る。市場競争を経て、1938年(昭和13年)に青森県(南津軽郡)藤崎町に「農林省園芸試験場東北支場」が(現:農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点(岩手県盛岡市))設置される。1939年(昭和14年)、「デリシャス」の花の花粉を「国光」の花のめしべに交配された。翌年1940年(昭和15年)には、この果実から得られた2004粒の種子に植え付け、968本の実生が育ち、畑に植えつけられた。時を経て、1951年(昭和26年)に初めて実を付ける。「リンゴ」の多大な育成期間を経て、1958年(昭和33年)「東北7号」として選抜される。1962年(昭和37年)には、「全国りんご協議会」の名称選考会で「ふじ」と命名、同年4月「りんご農林1号」として農林省(現農林水産省)に命名登録された。1971年(昭和46年)頃から、山形県西村山郡朝日町で袋をかけない「無袋ふじ」の生産が始まったとされる。「無袋ふじ」は 果皮の鮮やかさは、やや少なく見た目は劣るが、糖度が高く蜜がたっぷり入るという特徴がある。太陽(SUN)の光を沢山浴びた「サンふじ」は、世界の誰しもが知り得る我が日本の代表品種。最初から収穫まで全く袋をかけず、樹上で太陽を沢山浴びて育てる無袋栽培。太陽光のおかげで甘いリンゴが育ち、蜜が入り易い。甘味と酸味のバランスに優れ、高貴な香りと食味が良い。「ふじ」は、東北地方全般並びに長野県、山梨県に及び、着色の点から東北北部並びに暖地における標高の高い地域で栽培が適している。

栄養素・機能性成分

βカロテン
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
食物繊維
アスパラギン酸
プロテアーゼ
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

亜鉛

マンガン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
抗菌作用
抗腫瘍性
肩こり
腰痛
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
ダイエット
むくみ解消
利尿効果
女性ホルモン
妊婦
貧血
疲労回復
視力維持
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
高血圧
肥満
生活習慣病
血中コレステロール緩和
コレステロール
二日酔い
心筋梗塞
脳梗塞
血栓予防
食欲不振
精神安定
胃潰瘍
胃腸障害
口臭

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る