マーコット | 長崎中晩柑 | 果物
マーコット | 長崎中晩柑 | 果物
マーコット | 長崎中晩柑 | 果物

製品名(商品名)

マーコット,長崎中晩柑

種類

ミカン

生産地

長崎県長崎市,西海市,諫早市(旧西彼杵郡多良見町),西彼杵郡長与町,時津町

名前の由来

Derived from Charles Markot Smith.

主な特徴

『Nagasakiseihi agricultural cooperative』Located in southwestern Nagasaki prefecture.The main agricultural products are Mandarin oranges(Production accounts for about 60% of the prefecture's production), which make up the majority of the prefecture's produce, and Loquat, which boasts the highest production volume in Japan.JA original brand of beef cattle「長崎和牛;出島ばらいろ」:2012:第10回全国和牛能力共進会:Japan's number one and highly rated by the market.『長崎和牛』Producers registered in the Nagasaki Wagyu Producer Registration System.It's defined as a generic term for Japanese beef produced for the purpose of fattening.It can be raised with great care and affection in a blessed natural environment, which is relatively cool in summer and relatively warm in winter.The origin of Wagyu beef in Nagasaki is old,Bovine bones and teeth from the Yayoi period 2,200-2,300 years ago were discovered from archeological sites in Nagasaki Prefecture.『マーコット』The parent of the breed was unknown, and it was thought that it had been grown in Miami, Florida, USA, commissioned by the Ministry of Agriculture in the 1910s.It was bred and propagated in 1922 by Charles Markot Smith(Florida Sapling Farmer).Commercial seedling production commenced in 1928, and the first fruit was shipped in 1944 as Smith Tangerine.Seeds were introduced to Japan in 1954, and scions were introduced in 1961.Greenhouse cultivation, peak shipments in March and April.The reddish color, the refreshing aroma, and the rich sweetness make you smile.『tangor;Citrus reticulata × sinensis』Etymology is derived from combining the tangerine English name tangerine and the orange "tang" and "or".「温州ミカン」の白筋繊維の正式名称は「アルベド(albedo」と言い、果実へ養分を運ぶための働きをする。アルベドには食物繊維やビタミンが豊富で、特にビタミンP(ビタミンCとともに含まれる「ルチン(rutin」と「ヘスペリジン」の混合物。 毛細血管の透過性が高くなるのを防ぐ効果が期待。)のうち、ポリフェノール「ヘスペリジン(hesperidin)」は実よりも身を包む袋や皮、スジに多く含まれる。

栄養素・機能性成分

βカロテン
βクリプトキサンチン
ビタミンB群
ビタミンC
クエン酸
ビタミンE
食物繊維
ヘスペリジン
シネフィリン
ペクチン
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
肩こり
腰痛
水分補給
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
女性ホルモン
妊婦
貧血
疲労回復
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
視力維持
高血圧
血栓予防
食欲不振
胃潰瘍
胃腸障害
口臭
花粉症

参考文献

http://www.ja-nagasakiseihi.or.jp/

JA長崎せいひ 参照

長崎和牛,出島ばらいろ 参照

長崎和牛銘柄推進協議会,長崎和牛とは?参照

公益社団法人 全国和牛登録協会,第10回全国和牛能力共進会最終比較審査結果について 参照

農と食をつなぐ架け橋,丸果石川中央青果(金沢市中央卸売市場),『マーコット』参照

Agriknowledge(A database providing information on agriculturalscience and technology of Japan),マーコットの結実ならびに摘果と果実の肥大,品質 (2)参照

CiNii Articles,異なった湿度で予措乾燥した数種カンキツ果実の呼吸の変化,Respiratory Changes of Several Varieties of Citrus Fruits During and After Conditioning with Two Different Humidities 参照

J-Global(Japan Science and Technology Agency),マーコットのハウス及び露地栽培の果実品質について,On the fruit quality of murcott tangor in plastic greenhouse and open culture.参照

http://www.hinshu2.maff.go.jp/

農林水産省品種登録データベース 参照

ウンシュウミカンの親がキシュウミカンとクネンボであることをDNA鑑定で推定しました(2016)参照

ウンシュウミカンの食味関連成分の変化を少なくする貯蔵温度 参照

http://www.ghes.jp/

ABOUT US ヘスペリジン協会 参照

J-stage 紫外線(UV-B)照射が収穫後ウンシュウミカン果実の青かび病斑に及ぼす影響『青かび病菌:Penicillium italicum』参照

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る