愛知の温室柿 | 愛秋豊 | 果物
愛知の温室柿 | 愛秋豊 | 果物
愛知の温室柿 | 愛秋豊 | 果物

製品名(商品名)

愛知の温室柿、愛秋豊

種類

カキ(柿)

生産地

愛知県豊橋市

名前の由来

「秋が豊」で「秋豊(しゅうほう)」愛知県の「愛」が付けられ名付けられた。

主な特徴

愛知県の東南部に位置し温暖な気候に恵まれた豊橋市を本拠地とされる。こちらの地域は1968年(昭和43年)豊川用水の全面通水により豊かな水にも恵まれるようになり全国的にも希に見る園芸地帯として露地野菜、果樹、園芸作物、稲作など約70品目におよぶ多種多様な農業が盛んに営まれる。愛知県ではその中でも「次郎柿」と「筆柿」の栽培が盛んで、ともに全国一の生産量を誇る。「次郎柿」栽培の歴史は古く、1912年(大正元年)の秋に豊橋市北東部の石巻村(旧八名郡)に苗木が植えられたのが始まりとされる。豊橋市の秋を代表する果物である。同市の「次郎柿」の生産量は全国生産の約7割を占め、日本一の大産地を誇る。中でも、大型の柿である「愛秋豊(あいしゅうほう)」は、豊橋市の豊田靖氏の自園で、1982年(昭和57年)1984年(昭和59年)頃、果実が一際大きい「前川次郎」の枝変わりから発見された。樹(木)を高接ぎされ、育成を完了された。種苗法に基づき、1991年(平成3年)に登録出願され、1994年(平成6年)に登録されている。果形が扁円、果実の大きさが極大、育成地(愛知県豊橋市)で「前川次郎」よりもやや遅く「次郎」よりやや早い、完全甘柿である。ビニールハウス(温室)で栽培すると収穫時期が早くなる。雨や災害(天災)の影響を受けにくくなり、肥培管理や水分管理を行いながら栽培が可能になる。

栄養素・機能性成分

βカロテン
βクリプトキサンチン
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
食物繊維
ゼアキサンチン
タンニン
リコピン
カタラーゼ(酵素)
ペルオキシダーゼ(酵素)
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
抗菌作用
抗腫瘍性
肩こり
腰痛
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
ダイエット
むくみ解消
利尿効果
妊婦
貧血
疲労回復
視力維持
眼精疲労
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
高血圧
肥満
生活習慣病
血中コレステロール緩和
コレステロール
二日酔い
心筋梗塞
脳梗塞
血栓予防
食欲不振
精神安定
胃潰瘍
胃腸障害
口臭
花粉症

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る