新高 | 大町支部 | 果物

製品名(商品名)

新高(大町支部)

種類

ナシ(梨)

生産地

千葉県市川市大町

名前の由来

当時、新潟県の「天の川」と高知県の「今村秋」の掛け合わせであると思われていた事から、両県の頭文字から「新高(にいたか)」と名付けれられたが、高知県の「今村秋」ではなく神奈川県の「長十郎」だった事が最近わかった。

主な特徴

千葉県で梨栽培が始まったのは、江戸時代の1769年(明和6年)、八幡地方(現市川市八幡地区)で、川上善六氏が取り組んだのが初と言われている。川上善六氏は、1742年(寛保2年)八幡地方に生まれ、幼児より書を好み学識に富んでいた。殖産興業に熱心で、八幡地方に有効な作物が適しているかを探していたところ、美濃国(岐阜県)大垣辺で品質の良い梨栽培を見てその技術を学び、枝梢を持ち帰って八幡地方に広められた。八幡地方で収穫された梨は江戸に運ばれお目見えしている。このため、産地は急速に拡大し、徳川末期には関東で最大の梨産地になった。千葉県は全国一の梨生産地であり、その中でも市川市は市町村別産出額がトップクラスの梨の一大産地。「新高」梨は、1927年(昭和2年)に当時、神奈川県二宮町にあった神奈川県農事試験場(現農業総合研究所)で育成(同試験場長、『菊池秋雄氏』を先頭に)された。同じとき「菊水(きくすい)」「八雲(やくも)」も世に出ている。 市川市で栽培される梨は、その知名度や歴史などが総合的に評価され2007年(平成19年8月)に特許庁の地域団体商標登録『市川の梨』として地域ブランドの認証を受けられている。

栄養素・機能性成分

ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
食物繊維(ペントザン)
アミノ酸
ソルビトール
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
抗菌作用
抗腫瘍性
肩こり
腰痛
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
妊婦
貧血
疲労回復
視力維持
眼精疲労
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
高血圧
肥満
生活習慣病
血中コレステロール緩和
コレステロール
心筋梗塞
脳梗塞
血栓予防
食欲不振
精神安定
胃潰瘍
胃腸障害
口臭

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る