栃木なし | 王秋 | おうしゅう | 果物
栃木なし | 王秋 | おうしゅう | 果物
栃木なし | 王秋 | おうしゅう | 果物

製品名(商品名)

栃木なし、王秋(おうしゅう)

種類

ナシ(梨)

生産地

栃木県

名前の由来

関東地方、以南(いなん)の「晩秋」の気候が、温暖な地域に適した赤梨系品種であり、大果で果肉柔軟である事から、名付けられたとされる。

主な特徴

「梨」は日本の果物の中でも歴史が古く、弥生時代には、既に在来し、食されていたと言われている。日本書紀(720年の養老4年(奈良時代)に完成し、古事記の約8年後にお目見え)にも栽培の記述が残っており、江戸時代には、品種も増加したとされる。『王秋(おうしゅう)』は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)において、「C2」(「慈梨」×「二十世紀」)に「新雪」を交配して育成されたものである。果形が円楕円、果実の大きさが極大、果皮色が黄褐の育成地(茨城県つくば市)では10月下旬~11月上旬に成熟する赤梨系の晩生種である。樹姿は中間、枝梢の長さは長、太さは太、節間長は中、皮目の大きさは大、新梢の色は濃茶褐、短果枝の着生は多、花芽の形は長楕円、大きさは中である。国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構では、種苗法に基づき、2000年(平成12年)に、登録出願され(旧系統名、ナシ筑波48号)、翌2001年(平成13)出願公表し、2003年(平成15年)に登録された。「慈梨(ツーリー)」は、1912年(明治45年)頃に種苗が中国から渡来。「二十世紀」は、1888年(明治21年)に千葉県松戸市で松戸覚之助氏が、身内筋(親戚)石井佐平氏宅で見つけられたのが始まり。当時の、呼び名は「新太白(しんたいはく)」で、現在の名は、1904年(明治37年)に命名された。「新雪(しんせつ)」は、1949年(昭和24年)に新潟県で発表された。「晩三吉」と「今村秋」の交配実生とされる。

栄養素・機能性成分

ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
食物繊維(ペントザン)
アミノ酸
ソルビトール
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
抗菌作用
抗腫瘍性
肩こり
腰痛
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
妊婦
貧血
疲労回復
視力維持
眼精疲労
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
高血圧
肥満
生活習慣病
血中コレステロール緩和
コレステロール
心筋梗塞
脳梗塞
血栓予防
食欲不振
精神安定
胃潰瘍
胃腸障害
口臭

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る