樽柿 | 蜂屋柿 | 果物
樽柿 | 蜂屋柿 | 果物

製品名(商品名)

樽柿、蜂屋柿

種類

カキ(柿)

生産地

福島県

名前の由来

大玉の柿「蜂屋柿」は、岐阜県美濃加茂市蜂屋町で古くから作られてきたことから名付けられた。

主な特徴

「蜂屋柿」の歴史は1000年以上遡ると言われている。平安時代から朝廷や将軍(源頼朝、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)に献上され重宝されてきた。関ヶ原の合戦では、現在の大垣市で地元農民から柿を献上された徳川家康が、「われ戦わずして大柿(大垣)を得たり」と喜んだというエピソードが残る岐阜県を代表する名産品。渋柿を空いた酒樽に詰め、樽に残るアルコール分で渋を抜いて甘くした柿を「樽柿」と呼ぶ。めどめ「密閉」をし、出荷される。酒樽に含まれるアルコール分により到着時には脱渋され、甘く美味しい「蜂屋柿」になる。宝暦年間(1751年~1763年)五十沢(いさざわ)の七右衛門がどちらかで手にした蜂屋柿を五十沢に持ち混んだのが、五十沢の柿栽培の始まりと伝えられている。江戸時代の五十沢では蜂屋柿を七右衛門柿と呼んばれていた。

栄養素・機能性成分

βカロテン
βクリプトキサンチン
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
食物繊維
ゼアキサンチン
タンニン
リコピン
カタラーゼ(酵素)
ペルオキシダーゼ(酵素)
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
抗菌作用
抗腫瘍性
肩こり
腰痛
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
ダイエット
むくみ解消
利尿効果
妊婦
貧血
疲労回復
視力維持
眼精疲労
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
高血圧
肥満
生活習慣病
血中コレステロール緩和
コレステロール
二日酔い
心筋梗塞
脳梗塞
血栓予防
食欲不振
精神安定
胃潰瘍
胃腸障害
口臭
花粉症

参考文献

https://www.city.minokamo.gifu.jp/shimin/

岐阜県美濃加茂市 参照

福島県 攻めの農業技術革新事業について 参照

http://www.isazawa.jp/information/ampohistory

五十沢自治会 あんぽ柿の歴史 伊達市梁川町 五十沢地区交流館 参照

関東農政局 源頼朝と千葉氏「九十九里浜」参照

https://minokamo-kanko.jp/zuirinji/

美濃加茂市観光協会 みのかもとりっぷ 竜雲山瑞林寺(臨済宗妙心寺派、柿寺)参照

みのかも文化の森 美濃加茂市民ミュージアム 参照

Webジャーナル 大人の味、親の味 渋柿は甘い 参照

https://ci.nii.ac.jp/naid/130003966623

カキ果実の脱渋機構に関する一考察:(II) カキ果実のアセトアルデヒド含量,エタノール含量およびアルコール脱水素酵素活性の品種間差異 参照

一般社団法人 日本植物生理学会 植物の呼吸について 参照

柿の渋抜きについて 参照

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る