河内晩柑 | 果物
河内晩柑 | 果物
河内晩柑 | 果物

製品名(商品名)

河内晩柑

種類

ミカン

生産地

愛媛県西宇和郡、八幡浜市、西予市

名前の由来

1920年(大正9年)に、熊本県飽託郡(熊本市)河内町の西村徳三郎氏の自園で発見され、1935年(昭和10年)時を経て確認された。町名と遅い(晩生)柑橘から名付けられた。

主な特徴

懐かしく爽やかな風味が特長で、春~夏にかけて、 とても美味しく食べられる柑橘。和製グレープフルーツとも、夏文旦とも呼ばれている。苦味が少なく甘みが強い品種である。

栄養素・機能性成分

βカロテン
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンK
食物繊維
フラノクマリン類
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

効果効能

抗がん作用
抗菌作用
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
女性ホルモン
妊婦
疲労回復
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
ストレス解消
アンチエイジング
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
視力維持
高血圧
食欲不振
胃腸障害
新陳代謝
肥満
中性脂肪
アレルギー

参考文献

http://www.ja-nishiuwa.jp/

JAにしうわ 参照

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る