白柳 | 愛媛ネーブル | 果物
白柳 | 愛媛ネーブル | 果物
白柳 | 愛媛ネーブル | 果物

製品名(商品名)

白柳,愛媛ネーブル

種類

ネーブルオレンジ

生産地

愛媛県宇和島市、北宇和郡鬼北町、松野町、南宇和郡愛南町

名前の由来

「ネーブル」とは「へそ」の意味で、果頂部(花が付いてた側)の内側に二次的な果実があり、「へそ」のように見える事。From the background that Tatsuo Shirayanagi grew up with high splicing, and then spread widely.

主な特徴

2005年(平成17年)8月1日に、宇和島市、吉田町、三間町、津島町が合併して新しい新宇和島市が誕生された。愛媛県西南部に位置され、北は西予市、東は北宇和郡鬼北町、松野町、南は南宇和郡愛南町、高知県宿毛市、四万十市に接している。西は宇和海に面し、入り江と半島が複雑に交錯した典型的なリアス式海岸が続き、5つの有人島(嘉島、九島、竹ヶ島、戸島、日振島)と多くの無人島(御五神島、沖の島、黒島、佐島、高島、契島、遠戸島、野島、横島)がある。東側の鬼ヶ城連峰は、海まで迫る急峻さを備え、起伏の多い複雑な地形をしている。海岸部の平野や内陸部の盆地に市街地や集落が点在し、河川の多くは宇和海へ注いでいるが、三間川は清流四万十川に合流して高知県へ流れる。有人島を含めた東西が38.15km、南北が34.94kmあり、面積は469.58平方kmである。気候は、瀬戸内地区と太平洋沿岸地区の中間に位置され、四季を通じて温暖であり、降水量は夏期に多く、梅雨前線の影響や台風の通過が多い年では年間2,500mmを超えることもある。オレンジ品種「森田」ネーブルの歴史には欠かせない、静岡県浜松市(北区)では、太平洋戦後、養蚕からミカン栽培に転じた故森田要市氏が、庭に植わっていた在来種「ワシントンネーブルオレンジ」の枝変わり(突然変異)を見つけられたのが1948年(昭和23年)頃である。「ネーブルオレンジ」は甘味と酸味のバランスが程良い早生(わせ)で、花は咲いても実がなりにくいのが欠点であった。だが1本だけは毎年、不思議と多くの実を付け、果汁豊富で味も濃厚。現在も、森田氏私邸の庭に立つ「森田ネーブル発祥之地」の碑が聳え立つ。1961年(昭和36年)には意欲的な農家五人の有志で「森田会」が発足される。自園に接ぎ木して育てる傍ら、静岡県柑橘試験場三ケ日母樹園(現:西遠圃場)等と、その特性や栽培技術の研究に取り組まれた。「ネーブルオレンジ」が一躍、脚光を浴びたのは、全国的な生産過剰でミカン価格が大暴落した1970年代以降である。有利な転換作物として三ケ日町でも広く普及され、1976年(昭和51年)には農林省種苗法登録品種(当時)になった。一時のブームも度重なる寒波被害やオレンジの輸入自由化で下火になられ、ピーク時に300tあった生産量が今は100t前後に減っている。(2015年(平成27年)当時)「ネーブルオレンジ」といえば隣の浜松市(北区)細江町伊自が発祥の「白柳ネーブル(1932年(昭和7年)に加茂吾郎氏が「ワシントンネーブルオレンジ」自園から、枝変わりを発見され、同地区の白柳辰雄氏が譲り受けられ、穂木を高接ぎされ市場経済に出荷されたものを指す。The taste is high in sugar and low in acid. The pulp is tender and has a lot of juice.三ヶ日町平山地区は戦前の三ケ日みかんの発展に尽くした故山田猛氏始め、有志が歴史を刻まれている。著名なJAえひめ南の段ボール(包装)に記載のロゴマーク、特許庁商標登録番号第1991244の「(冷凍)みかん、レモン」は、東京都千代田区:全国農業協同組合連合会が、1978年(昭和53年)に出願され、1987年(昭和62年)に登録されている。

栄養素・機能性成分

βカロテン
βクリプトキサンチン
ビタミンB群
ビタミンC
クエン酸
ビタミンE
食物繊維
ヘスペリジン
シネフィリン
ペクチン
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
肩こり
腰痛
水分補給
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
女性ホルモン
妊婦
貧血
疲労回復
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
視力維持
高血圧
血栓予防
食欲不振
胃潰瘍
胃腸障害
口臭

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る