長崎みかん | 伊木力 | 果物
長崎みかん | 伊木力 | 果物
長崎みかん | 伊木力 | 果物

製品名(商品名)

長崎みかん、伊木力(ことのうみ伊木力選果場(舟津))

種類

ミカン

生産地

長崎県諫早市多良見町

名前の由来

1888年(明治22年)4月1日 1955年(昭和30年)迄、町村制施行により、西彼杵郡伊木力村が現存され、その地名から名付けられた。

主な特徴

長崎県農林技術開発センター果樹研究部門(諫早市)では、2000年(平成12年)から、約15年の研究成果を経て、県内初めての「温州みかん」の新品種を開発育成される。待望の「長崎果研させぼ1号」の育成完了。種苗法に基づき、2013年(平成25年)に登録出願され、2015年(平成27年)に長崎県長崎市が登録された。市場には、2020年(令和2年)頃、お目見えするようだ。長崎県喜々津地区「伊木力地方」での「伊木力ミカン」発祥は、江戸時代末期、天明年間(1781年88年)頃、伊木力村の田中唯右衛門氏、中道継右衛門氏、田中村右衛門氏らが、当時の大村藩主大村純鎮公(おおむらすみやす)(1759年(宝暦9年文化11年)1814年)からミカンの苗木を頂戴し、植え付けられたのが、栽培の始めと言われている。1902年(明治35年)、当時の「伊木力地区」で生産される温州ミカンについては「伊木力ミカン」に統一され、名実ともに県産品の中心としての地位を確立された。年間を通して温暖な上、大村湾から吹く潮風が寒暖の差を作り出し、海面に反射するお日様の光をたっぷり受けて育ち、ミカン栽培に適した土地柄である。諫早市指定天然記念物(2003年(平成15年)2/25)を受けている伊木力コミカン(多良見町)は、中道継右衛門氏が栽植したものとされ、推定樹齢200年の紀州みかんの古木が現存されている。1952年(昭和32年7/25~7/28)の諫早豪雨(台風)で倒伏したまま補修せずだが、根系も健全に蘇生回復しており、樹勢は良好。今日まで、中道継右衛門氏のご子孫により、大切に育成管理されている。先駆者の努力を引き継がれ栽培と改良を積み重ねてこられた、賜物「伊木力ミカン」(温州みかん)(原口早生、宮川早生、青島など)は、昔も今でも大切に育てられ、もぎたて手詰めで、愛情たっぷりである。

栄養素・機能性成分

βカロテン
βクリプトキサンチン
ビタミンB群
ビタミンC
クエン酸
ビタミンE
食物繊維
ヘスペリジン
シネフィリン
ペクチン
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

効果効能

抗がん作用
抗酸化作用
肩こり
腰痛
水分補給
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
女性ホルモン
妊婦
貧血
疲労回復
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
視力維持
高血圧
血栓予防
食欲不振
胃潰瘍
胃腸障害
口臭

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る